スカジャン(SUKA JACKET)の買取、委託販売のお知らせ

スカジャン(SUKA JACKET) 買取は以下のアイテムを高額買取中です。
付属品がないもの、部品が欠損しているもの、電池切れしているもの、故障しているもの等々でも買取いたしますので、ぜひ一度お問い合わせを!
また、当店では買取ではなく委託販売も承っておりますので、ご興味がおありのお客様はこちらの委託販売についてをご確認ください。

買取強化アイテム
・テーラー東洋、フラットヘッド、ドライボーンズ、ウエアハウス、フェローズ、エヴィス等のスカジャン

スカジャンは第二次世界大戦後間もない頃、横須賀米軍基地で日本駐留のアメリカ軍兵士達が記念として鷲・虎・龍などのオリエンタル柄や自分の所属していた部隊や基地などのエンブレムをデザインした刺繍をショップにオーダーしたのが始まり。 スカジャンの最初期のものは米兵が各々持ち込んだ落下傘の生地(当時はシルク)を染色し、ジャンパーに仕立てた後、刺繍職人が希望の刺繍を施す完全オーダー品であった。 スカジャンは戦後、アメリカ軍兵士の間では、お土産物を意味する「スーベニアジャケット」などと呼ばれた。 1960年代頃から「スーベニアジャケット」は「スカジャン」と呼ばれるようになり、これは「横須賀ジャンパー」が省略されて「スカジャン」と呼ばれるようになったという説がある。

オンライン査定フォームはこちらから