セイコー(SEIKO)の時計買取、委託販売のお知らせ

セイコー(SEIKO)の買取、委託販売のお知らせ

セイコー(SEIKO) 買取は以下のアイテムを高額買取中です。
付属品がないもの、部品が欠損しているもの、電池切れしているもの、故障しているもの等々でも買取いたしますので、ぜひ一度お問い合わせを!
また、当店では買取ではなく委託販売も承っておりますので、ご興味がおありのお客様はこちらの委託販売についてをご確認ください。

買取強化アイテム
・アンティーク、ビンテージ(戦前~1990年代までの)腕時計(手巻き、自動巻き、機械式、クォーツ、特にラリーウォッチやビンテージダイバーウォッチ)
・グランドセイコー、キングセイコー、ロードマチック、セイコーファイブ、スピードタイマー、スキューバ
・プロスペックス「海」 マリーンマスター(プロフェッショナル、ダイビングコンピュータ、ダイバースキューバ)
・プロスペックス「空」 フライトマスター
・プロスペックス「陸」 ランドマスター、フィールドマスター
・プロスペックス「速」 スピードマスター ソーラー電波クロノグラフ、スーパーランナーズ
・ブライツ アナンタ、フェニックス等

セイコー(SEIKO)は、1881年の創業以来、革新的な商品を次々と世に送り出してきました(1881年に創業した服部時計店を起源とする)。1892年には時計工房である精工舎を設立。ここから時計製作の事業に乗り出す。掛時計から置時計、懐中時計の製造を手がけ、1913年には国産初の腕時計を発売しました(ローレル)。1969年には世界に先駆けて発売したクオーツウオッチ「アストロン」は、世界中に普及し、誰もが容易に正確な時刻を知ることができるようになりました(スイスの伝統ある機械式時計を生産するメーカーに多大な衝撃を与えることとなった)。さらに、腕の動きで発電することで電池交換を不要にした「キネティック」、一切の電池を用いず、ゼンマイを駆動源としながらクオーツの精度を実現した「スプリングドライブ」などセイコー(SEIKO)独自の機構を搭載したウオッチを発売しました。

オンライン査定フォームはこちらから