インターナショナル・ウォッチ・カンパニー(IWC)の時計買取、委託販売のお知らせ

インターナショナル・ウォッチ・カンパニー(IWC) 買取は以下のアイテムを高額買取中です。
付属品がないもの、部品が欠損しているもの、電池切れしているもの、故障しているもの等々でも買取いたしますので、ぜひ一度お問い合わせを!
また、当店では買取ではなく委託販売も承っておりますので、ご興味がおありのお客様はこちらの委託販売についてをご確認ください。

買取強化アイテム
・パイロットウォッチ(マークシリーズ)
・ダイバーズウォッチ(アクアタイマー)
・アンティーク、ヴィンテージ(1900年代~)の機械式腕時計や懐中時計

IWCはスイスの時計メーカーで正式な名称はインターナショナル・ウォッチ・カンパニーと言い、インターナショナルと略す場合もある。
創業者はアメリカの時計職人であったアリオスト・ジョーンズ。1868年、スイス人のヨハン・ハインリッヒ・モーザーとの運命的な出会いからこの素晴らしい時計ブランドはスタートした。 創業した年に、独自の緩急針やバイメタル補正テンップを備えた「ジョーンズ・キャリバー」を開発。1885年には世界最初のデジタル式懐中時計を完成させる。 20世紀に入ると「シャフハウゼンの優秀かつ徹底したクラフトマンシップ」をモットーに、実用品としての腕時計製造にも注力した。
そして1936年、このブランドとしての飛躍を確かなものにした耐磁性を備えた航空時計「マークIX」を開発。このマーク・シリーズは当時のパイロット達に絶賛され、その後も独自の進化を遂げていく。 第2次世界大戦中には「ビッグパイロットウォッチ」がドイツ軍に、「マークX」が英国軍に、「マークXI」はオーストラリア軍にも制式採用され、その評価を不動のものとする。
1985年には500年先まで正確にカレンダーを表示する超複雑時計「ダ・ヴィンチ」を発表し、世界を驚愕させた。現在も常に素晴らしいコレクションを展開し、世界の時計愛好家から高い評価を得ている。

オンライン査定フォームはこちらから